賃貸と購入のメリット・デメリット

賃貸は気軽さ、購入は安定が最大のメリットです

生涯の住まいとして賃貸を選ぶか、購入を選ぶかは悩ましい問題ですが、それぞれにメリット、デメリットが存在します。賃貸住宅で必要になるお金は敷金などの費用と月々の家賃だけです。住んでいる限り家賃は永遠に支払いが発生しますが、建物が老朽化したり、仕事をする場所が変わってもすぐに引っ越しをすることができます。老後、収入がなくなると家を借りられない心配がありましたが、高齢社会の進展から、貯金があれば収入がなくても借りられる住宅が増えてきました。今後もその傾向は続くのでこの問題は解決するでしょう。しかし大家さんの判断により引っ越しの可能性が生じるリスクがあります。 住宅の購入については、長年住み続けてローンを完済すれば財産になるのが強みです。社会的なステータスの向上にも繋がります。しかし老朽化により建て替えが必要になりますし、簡単に引っ越すことは大きな損失になります。安定や社会的評価を考慮しないのなら、賃貸のほうがメリットが大きいのが現状です。

判断する基準は考え方の問題?

一国一城の主という言葉があるように、特に男性の方は持ち家があることが高いレベルでの社会的信用に繋がります。もし住宅を購入する場合は時間が経っても価値が毀損しにくい一戸建てを購入しましょう。分譲マンションは殆どが建物の価値で、土地については住居者の数で配分されるわずかなものしか残りません。 また、将来地価が上がりそうな土地を考えて購入することで、土地の値上がり益を得ることができます。全体の地価はこの数年、わずかに上昇し始めています。そのため購入は資産運用の要素があると言えます。住居を生活のためだけのものと考えるなら賃貸、投資の側面やステータスを考慮するなら購入がおすすめです。ご自身の考え方に合わせて判断しましょう。

北見の賃貸は、風光明媚な環境に位置している物件が数多くあることや、家賃や敷金などの諸費用がリーズナブルであることが魅力です。